技術家庭の授業では教えてくれないITの使い方

技術家庭の授業では教えてくれないアレコレ

中学生、高校生向けにITの使い方・注意点などをSEとしての目線から解説しています。
SE(システムエンジニア)とは、ITシステムを設計したり開発したりする技術者のことです。

 

プロの目線から見て技術家庭の教科書がイマイチだなと思ったので本サイトを作成しました。
教科書なので具体的な製品名を出せないという理由もあるのでしょうが、内容的にも???

 

そこで、このサイトでは学校の授業では教えてくれないあんなことやこんなことを先生とは違ったIT技術者の視点で解説しています。

 

本サイトで「お勉強」とは違う、将来的に役立つIT知識・スキルを身につけてください。

 

おすすめ記事はコチラから

学校の環境と家の環境が違ってもイライラしてはダメ

「学校のパソコンって使えねー、こんなこともできないのかよ」
なんて言ってみたくなるときありませんか?

 

家でパソコンをあたり前のように使っている人にとっては、学校のパソコンなんて「クソ」なのかもしれません。

  • スペック低すぎ
  • 何年前の使ってんだよ
  • いまどきこんなの使えない

イライラしますよね。
でも、ちょっと冷静に考えてみてください。

 

続きはコチラ

キーボードを強くたたいても手が痛いだけ

思った通りにパソコンが動いてくれないのか予想外のことが起きたのかわかりませんが、キーボードをガンガン叩いている人っていますよね。

 

「どうなってんだよ…」とかブツブツ言いながら、バーンとキーボードをたたく。

 

みっともないです。
しかも、意味なし。

 

周りへのアピールなのかもしれませんが、カッコよくありません。

 

続きはコチラ

なんでも「バグ」のせいにしない

専門用語を使うと何でも「通」っぽくなりますよね。
バグというのはプログラムの誤りなどによるシステムの障害・不具合のこと。

 

「このソフトバグだらけだな」なんて言うと、それっぽく聞こえますが、ホントに「バグ」なんでしょうか。何でもかんでも「バグ」のせいにしてはいませんか?

 

続きはコチラ

IT環境でもモラルは同じ

ITを利用するときも「モラル」は必要です。

 

「モラル」というと大げさに聞こえるかもしれませんが、他人が嫌がるようなことは止めましょうというあたり前のことに過ぎません。

 

ITとなると、この感覚が希薄になってしまう人がいるので気をつけましょう。

 

続きはコチラ

 

技術家庭のテスト対策ならコチラ

中学校の技術家庭のテスト対策に役立つ記事(オリジナル問題など)も掲載しています。下記からチェックしてみてください。

 

中学技術家庭のテスト対策(1)ハードウェア、ソフトウェア

次の中からソフトウェアに該当するものをすべて選びなさい。

  • (ア)ホイールマウス
  • (イ)パワーポイント2016
  • (ウ)Mac OS X(マック オーエス テン)
  • (エ)インターネットエクスプローラー(ブラウザ)

⇒ 続きはコチラ