中学生向けにパワーポイントの基本的な使い方を解説

パワーポイントの基本操作「文字の色、大きさを変更する」

パワーポイントで文字の色や大きさを変更する方法の解説です。

 

先に文字を入力してから大きさや色を変更します。
文字の入力方法はコチラの記事にまとめています。

 

文字の大きさを変える方法

対象とするテキストボックス(文字を入力したエリア)を選択します。

 

メニュー「ホーム」の「フォント」にある数字が文字の大きさを指定するものです。

 

 

数字の横の▼をクリックすると、文字サイズが選べるようになります。

 

 

ここで文字のサイズを変更します。

 

一部の文字だけ大きさを変える方法

下記のように一部の文字だけ大きさを変えることができます。

 

 

やり方:大きさを変えたい文字だけ選択状態にします。

 

上の図は「文字」だけを選択状態にしています。
この状態で上記と同じようにサイズを指定すれば、選択していた文字のみが変更されます。

 

文字の色を変える方法

文字の色を変えるには、大きさを変えるのと同様に対象とする文字を選択してから、メニュー「ホーム」の「フォント」にある「A」のところで色を指定します。

 

 

「A」の横の▼をクリックすると、色が選択できるようになります。

 

 

この中にない色は、下から二番目の「その他の色」をクリックすると、選べるようになります。

 

 

書体(フォント)を変える方法

文字の書体のことを「フォント」といいます。
この「フォント」を変えることで文書全体の印象が大きく変わります。

 

 

フォントを変える方法

大きさ、色の変更と同じようにメニュー「ホーム」の「フォント」で指定します。

 

 

上の図では「MS Pゴシック」となっているとことがフォントの設定場所です。
横にある▼をクリックすることで、変更することができます。

PR