中学生向けにパワーポイントの基本的な使い方を解説

パワーポイントの基本操作「図形の挿入」

パワーポイントで図形矢印を挿入する方法の解説です。
図形を組み合わせることで、見栄えの良いデザインのパワーポイントを作ることができます。

 

挿入→図形

メニューの「挿入」→「図形」で挿入する図形の形を選択します。

 

 

挿入する図形の位置を範囲指定

図形を選んだら、挿入したい場所を左上から右下に向けて指定します。

 

 

上の図は四角形を選んだ場合の例です。

 

円、正方形、正三角形は「Shift」キーを押しながら範囲指定

円、正方形、正三角形を追加したい場合は、「Shift」キーを押しながら左上から右下に向けて範囲指定します。

 

図形の色を変更する方法

追加された図形をクリックして選択状態にすると、メニューから「描画ツール」→「書式」を選べるようになります。色の変更はここで行います。

 

 

図形の塗りつぶし図形の枠線図形の効果の右側にあるをクリックすることで、それぞれの項目を設定することができます。

 

図形「右クリック」→「図形の書式設定」

図形を右クリックして、塗りつぶし枠線図形の書式設定から設定することも可能です。

 

 

矢印を挿入する方法

パワーポイントでは矢印も図形として登録されています。
選択する図形の中から「ブロック矢印」を選べば下記のような矢印を挿入できます。

 

ブロック矢印

 

挿入→図形→線で矢印の追加

選択する図形の中から「線」を選んでも矢印の追加が可能です。

 

 

矢印の線を真っ直ぐにする

「Shift」キーを押しながら、挿入位置を指定すると、直線を引くことができます。

 

線で挿入した矢印は、右クリック図形の書式設定太さなどの変更が可能です。