調べ学習のまとめ方がわからない人のため向け参考デザイン

調べ学習のまとめ方がわからない人のための参考デザイン集

調べ学習のまとめ方にはいくつかのパターンがあります。
このパターンさえ知っておけば、あとは自分なりに応用できます。

 

定番のまとめ方をデザインとともに掲載しておくので、参考にしてみてください。

 

比較する

 

2つのものを表形式にして比較するパターンです。

 

ポイントは比較する項目
上の例では「高さ」「重さ」「建立年」「年観光客数」「インスタ映え」です。

 

最初に客観的な数値など定番のモノを持ってきて、あとのほうに「自分なりの色」を出せる項目を入れておくと、オリジナリティが出ます。

 

ランキング形式にする

 

順位をつけてランキング形式にするパターンです。

 

イラストを効果的に使うことで効果的に見せることができます。
(上の例では、「1st」「2nd」「3rd」の部分がイラストです)

 

こうしたイラストは「フリー イラスト 1位2位3位」「フリー イラスト 金銀銅メダル」などで検索すると見つけることができます。

 

2軸マップを作成する

 

2軸とは数学でのX軸とY軸のことです。
数学のことなんて思い出したくないという人は上の図を見てください。

 

作り方はタテとヨコで違う指標となるものを用います。
上の例ではタテが山の高さ、ヨコが山のある場所(東西)を示しています。

 

こうして整理することで、「西のほうに高い山がない」ということが一目でわかります。

 

この形式でまとめるときのポイントは軸の取り方です。4分割されたマップのどこかに特徴(ここだけない、ここに集中など)が出るようにすると効果的です。

 

流れ図を作成する


 

職業調べ」や「モノづくり調べ」のまとめ方で使えるデザインです。

 

順番に流れを説明したいときに効果的。
レイアウトによっては、横だけでなく、縦に矢印をつけてみてください。

 

LINE風の会話形式にする

 

LINEのような会話風に調べたことをまとめるのも効果的です。
質問⇒回答という流れで、調べたことをまとめることができます。

 

すべてパワーポイントで作成可能

以上、全部で5つ紹介しました。
ここで紹介したデザインはすべてパワーポイントで作成したものです。

 

上のデザインを参考に、自分なりにアレンジしてみてください。

PR