中高生向け技術家庭の授業では教えてくれないパソコンの使い方を紹介

画像を鉛筆画風に加工する方法

今回はパワーポイントなどの資料に取り込んだ写真を鉛筆画風などに変更する方法(アート効果と呼ばれます)の紹介です。

 

アート効果を使うと同じ写真でも別のもののように見え、資料の中のアクセントとして使うのに効果的です。パワポだけでなくワード、エクセルでも使えるテクニックなので覚えておきましょう。

 

図ツール「書式」から「アート効果」を選択

「アート効果」のメニューがあるのは、図ツール書式」の中です。
まずは、メニューに図ツール「書式」を表示させます。

 

ファイルの中にある写真をクリックして選択状態にすると、上部のメニューに図ツール「書式」が出てきます。図ツールが出ていでも、その下で「ホーム」や「挿入」を選んでいると、「アート効果」は表示されません。

 

図ツール「書式」を選んでください。
すると、左側のほうに「アート効果」というメニューが表示されます。

 

これをクリックすると、いろいろな種類のアート効果が選べるようになります。
鉛筆スケッチ、ペイントブラシ、パッチワークなど。

 

マウスをあわせると変更されたイメージが表示されるので、変更したいものを選びクリック。
すると、ファイルの中の写真も変更されます。

 

変更したイメージは下記のようになります。

 

(もとの写真)

 

(アート効果:鉛筆スケッチ)

 

(アート効果:パステルなめらか)

 

なお、写真の編集を前提に説明してきましたが、この操作はファイルに取り込んだ「図」に対して行えます。なので、写真以外のイラストでも同じようなアート効果をつけることができます。

 

ただし、イラストの種類によっては、あまりきれいにならない場合があります。
どんなものだときれいな効果が得られるかは試してみてください。

 

応用編:色の変更も可能

アート効果の隣にある「色」で写真の色を変更することもできます。やり方は、変更する色を選ぶだけ。こちらも変更したイメージが出てくるのでわかりやすいです。

 

ファイルの中の写真にアクセントを加える方法として覚えておいてください。

PR