中高生向け技術家庭の授業では教えてくれないパソコンの使い方を紹介

画像の加工方法(トリミング)

丸や四角やハート形に写真を加工したものを見たことがありませんか?

 

「パソコンに詳しくないと出来ないワザ」なんてことはありません。
簡単にできてしまうので、覚えておきましょう。

 

(やり方はワード、エクセル、パワーポイントで共通です。)

 

裏メニュー「図ツール」から「トリミング」

写真を丸や四角など特定のカタチに切り抜くだけなら画像編集ソフトは不要です。
ワード、エクセル、パワーポイントに写真を撮りこんでから編集することができます。

 

写真を図として取り込むと、上のメニューに「図ツール」というメニューが表示されます。
メニューに表示されない場合は、取り込んだ写真をクリックして選択状態にしてください。

 

「図ツール」はファイルの中にある図が選択されているときのみ表示される裏メニューです。
表示されないというときは、図を選んでください。

 

「図ツール」で「書式」を選ぶと、右側に「トリミング」というメニューが出てきます。
ちなみに、トリミング(triming)は「切り取る、刈り込む」という意味です。

 

 

犬の毛を刈ることも「トリミング」と言いますよね。
で、刈る人が「トリマー」。

 

パソコン用語でトリミングと言えば、余計なものを切り取ることで、主に画像を切り取る際に使用します。

 

画像のトリミング方法に戻ります。

 

メニューの「トリミング」の下にある「▽」を押すと、「図形にあわせてトリミング」というメニューが出てきます。この中から切り取る形を選べばOK。ハート型や星型も選べます。

 

図のトリミング

 

四角形で一部分だけ切り抜くのであれば「図形にあわせてトリミング」ではなく、ただの「トリミング」を選びます。

 

領域を選択できるようになるので、マウスで切り取る部分を指定すればOKです。

 

応用編

ここからは応用編。
といっても、選ぶメニューが違うだけでカンタンです。

 

右側にある「トリミング」の代わりに、中央あたりにある「図のレイアウト▽」を選ぶと写真と文字の部分がレイアウトされたものに編集されます。「テキスト」のところはあとで入力できます。

 

図のレイアウト

 

資料をまとめるときなどに使える便利な機能ですので、あわせて覚えておきましょう。

PR