中高生向け技術家庭の授業では教えてくれないパソコンの使い方を紹介

キーボードに見つからない記号の入力方法

知っておくと便利な入力方法の紹介です。

 

」「」「」「」「」のような記号をどのように入力してますか?
キーボードには見つからないですよね。

 

こうした記号は「変換」で出てきます。

 

「きごう」と入力して変換するより簡単な方法

「きごう」と入力して「変換(スペースをクリック)」するといろいろな記号が出てきます。
これを使っている人もいるのではないでしょうか。

 

ただ、いろんな記号が出てくるので変換候補から探すのが大変ですよね
もっと簡単な方法があります。

 

それぞれ記号の読みを入力して「変換」するのです。
「やじるし」と入力して「変換」、「まる」と入力して「変換」という方法です。

 

変換候補に「矢印」や「丸」も出てきますが、候補がそれほど多くないので、これほうが目的の記号を素早く打つことができます。参考までに、一覧を掲載していきます。

 

  • 「→」…「やじるし」「みぎ」
  • 「↑」…「やじるし」「うえ」
  • 「○」…「まる」
  • 「▼」…「さんかく」
  • 「■」…「しかく」
  • 「〜」…「から」「にょろ」
  • 「☆」…「ほし」
  • 「※」…「こめ」
  • 「÷」…「わる」

 

「←、→、↑、↓」が「ひだり、みぎ、うえ、した」で出ることを知らない人は意外と多いのではないでしょうか。使いこなせるようになると便利です。

 

「⇔」や「⇒」も「やじるし」で出てきます。

 

」は見たまま。
から」でも「にょろ」でもOK。

 

「まる」「さんかく」「しかく」はそれぞれのカタチのいろいろなパターンが変換候補に出ます。「さんかく」なら△▽▲▼など。候補から選択して使用してください。

 

「÷」は「わる」で変換

÷」を入力するのにキーボードを探し回ったなんて人いませんか。
いくら探してもキーボードの中にはありません。

 

わる」と入力して「変換」。
知ってしまえば、「なんだ〜」ですよね。

 

そのほかに、ギリシャ文字(α、β、γ)も出力できます。
順番に「あるふぁ、べーた、がんま」。

 

ギリシャ文字が入っていると、ちょっとオシャレな文章に見えたりしますよね。
記号は箇条書きのときに使用すると効果的です。覚えて使用してみてください。

PR