中高生向け技術家庭の授業では教えてくれないパソコンの使い方を紹介

戻るボタンを使いこなす

「あの頃に戻ってやり直したい…」なんて思っても実生活では出来ないですよね。
パソコンでは、出来ちゃいます。「戻る」ボタン一発で。

 

知らない人は覚えておきましょう。

 

ワード、エクセル、パワポに共通の戻るボタン

「戻る」ボタンはワード、エクセル、パワーポイントに共通してあります。
メニューの上のほうにあるはずです。コレ(↓)です。

 

戻るボタン

 

機能はその名の通り。
ボタンを押すと前の状態に「戻る」ことができます。

 

間違えて文字や図形などを削除してしまったときも有効。
「戻る」を押すと削除した文字や図形が復活してくれます。

 

保存しておかないと削除してしまったものは、もとに戻らないと勘違いしている人もいるかもしれませんが、「戻る」ボタンで復活させることができます。

 

ただし、「戻る」範囲には限界があります。「戻る」ボタンが青色のときは戻せるのですが、グレー(灰色)になったときは、それ以上は戻せないということです。

 

あくまで直前の操作を戻すことができるぐらいに考えていたほうが安全です。
どこまでも前に戻れると思っていると、戻せない範囲にあたってしまうかもしれません。

 

戻した操作を取り消すのは「やり直し」ボタンをクリック。
「戻る」とは反対向きの矢印になっているボタンです(隣にあります)。

 

「戻る」のショートカットキーは「Ctrl」+「Z」

メニューから選ばないでも、ショートカットキーでも「戻る」操作ができます。
マウスを使わないでキーボードだけからの操作で出来るので文字入力時などに便利です。

 

戻るのショートカットキーは「Ctrl」+「Z」。
「Z」キーはキーボードの左下にあるので、左下の「Ctrl」と一緒に押すのが便利です。

 

「Ctrl」キーを左手親指、「Z」キーを左手人差し指など自分なりに押しやすい形を覚えておきましょう。指で覚えておくと、キーボードからの文字入力が早く出来るようになります。

 

入力を間違えたときに削除するよりも「戻る」で取り消したほうが早いからです。
覚えて使いこなしてみてください。

PR