技術家庭特別授業:「さまぁ〜ず」をキーボードから入力しなさい

「さまぁ〜ず」をキーボードから入力できますか?

「さまあーず」でも「さまぁーず」でもなく、正しく「さまぁ〜ず」と打てますか?

 

キーボード入力はパソコン操作の基本です。
小さい「ぁ」伸ばす「〜」の入力方法を知っていますか?

 

わからないで「モヤモヤ」してる人もいるのではないでしょうか。
「知るかよ!」と言わずに勉強しましょう。

 

小さい「ぁ」と伸ばす「〜」の入力方法

「さまぁ〜ず」の入力でポイントとなるのは小さい「ぁ」と伸ばす棒の「〜」ですよね。
まずは、小さい「あ」の入力から。

 

ローマ字入力モードで「xa」「la」が小さい「ぁ」です。
頭に「x」か「l(エル)」をつけると小さい「ぁぃぅぇぉ」が入力できます。

 

意外と知らない人が多い入力方法です。

 

マニアックなやり方だと、「qa」と入力して「くぁ」を出して、「く」だけ削除なんて方法もありますが面倒ですよね。「x」か「l」をつける方法を覚えておきましょう。

 

小さい「やゆよ」や「」も同じ方法で出せます。
xya」または「lya」で「ゃ」、「xtu」または「ltu」で「っ」となります。

 

「〜」は「から」「にょろ」で変換

伸ばす棒の「〜」は「から」か「にょろ」と入力して変換すると出てきます。
「〜」だけでなく記号は見た目を入力して変換すると候補に入っていることがあります。

 

ほし」で「☆」、「さんかく」で「▲」「▽」など。

 

やじるし」でもいろいろな矢印「→」「⇔」「⇒」「↑」が出てきますし、「みぎ」で右向きの矢印「→」を出すこともできます。いろいろ試してみてください。

 

Shiftキー+「へ」キーでもOK

「から」「にょろ」で変換でなく、Shiftキーひらがなの「へ」キー(キーボードの上から2番目列で数字の「0」の隣の隣にあるキー)を同時に押すことでも「〜」が出せます。

 

一発で出したいときはコチラがオススメ。

 

同時に押すとといっても、一緒のタイミングで押す必要はありません。
先に「Shift」キーを押しておいて、押したままの状態で「へ」を押せばOK。

 

パソコン操作ではショートカットキーなど「同時に押す」と説明されていることがありますが、いずれも同じタイミングで押す必要はありません。片方を先に押しながら、もう片方を押すようにします。

 

「同時に」と聞くと、「せーの」で一緒のタイミングで押さなくてはと思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。あわせて覚えておきましょう。

PR