中高生向け技術家庭の授業では教えてくれないパソコンの使い方を紹介

パソコンで読めない漢字を入力する方法

漢字を正確に覚えていなくても、パソコンなら「変換」をすれば候補が出てきてくれますよね。
ただ、困るのは読めない漢字

 

読めない字は、そもそも入力のしようがありません。
そんなときはどうすればいいのでしょうか?

 

「○○へんに△△」と検索

インターネットが使える環境であれば検索してみるのが一番早い方法です。
「木へんに花」とかで検索すると答えが書いてあるページが見つかるはずです。

 

そのページの文字をコピーして文章に貼りつけてしまえばOK。
ついでに、読み方も覚えておけば、次からはその読み方で「変換」ができます。

 

こうして利用している人は多く、検索バーに「木へんに」と入力すると候補として「木へんに冬」「木へんに花」「木へんに母」などたくさん出てきます。

 

時間のあるときに試してみてください。

 

「へん」でなくても使えます。
例えば、「雨の下に林」とか。

 

その漢字を友達に説明する感覚で検索すると、求める答えが見つかるはずです。

 

ただ、困るのは説明のしようがない漢字。
「左側に、にょろっとしたヤツがあって…」といったフィーリングでは検索できません。

 

IMEパッドからマウスで入力

そのときに使えるのが、「IMEパッド」。
画面の左下あたりに入っていることが多い機能です。

 

クリックするとメニューが出来てきます。
パソコンの設定により、違いがあるので探してみてください。

 

IMEパッド

 

で、これを開くと、マウスで手書き入力ができます。

 

IMEパッド

 

やってみるとわかりますが、マウスで文字を書くのって独特の感覚が必要です。
ただし、そんなに正確に入力しなくても大丈夫です。線が曲がっていても認識してくれます。

 

また、途中の段階でも候補が表示されるので、目的の文字が出てきた段階で、その字を選んでもOK。読めなくて、説明のしようもない字は、この機能を使って入力することを覚えておきましょう。

PR